読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まったりみゅーじっくぶろぐ。

音楽と日常について。きまぐれです。

MUSICA4月号感想

楽しみにしておられる方も

いると思うので

自分で読みたいなって方は

読まない方が良いです

 

テレンのページは結構後ろの方で、

(むしろそこしか見てない)

目当てじゃないところは飛ばしました

(ごめんなさい後で読みます)

 

f:id:lamp-terra:20170325163522j:image

 

まずアルバムの話。

できるまでの話。

 

相当な苦しみの中で生まれたんだなぁって

読んでて泣けてくる。

音楽を辞めたいと思ったのは初めてだ

って大くんが言う。

それほどまでに追い詰められていたんだって

雑誌を読むまでわからなかった。

 

innocence/キャラバン出すくらいの時期に

奈落の底まで落ちた、とか

heartbeat作ってる時に気持ちが落ちていたとか、

読んでて悲しくて、

これは泣くぞと思っていて、

(マックで我慢出来なくて読んじゃったけど)

自宅で泣きながら読もう、と思って

持ち帰って読んだらやっぱり泣きました。

 

何をやっていても2時間後には気持ちが冷める

だからボツになった曲が200曲(!)あるとか

 

at(liberty)を作った時の話。

音楽辞めたい気持ちの真っ只中。

地球儀→(同時期にheartbeat)→at(liberty)

この3曲を聴くと

気持ちの変化が分かるそうです(笑)

 

そのあとeveの話。

ここでわたしの涙腺崩壊。

(泣きすぎ)

大くんのインスタのアカウント名が

n.trueveなのか、やっと分かった気がする。

家族にしかわからない、というのは

こういう事だったんだって。

 

そして『地球儀』の話。

ここも深いなと思って見ていて。

渋谷のスクランブル交差点を見ていても

暗い顔をして歩いている人が多い。

そこは、歌詞の

『信号に追い立てられて

仕方なく歩き出す』っていうところだよね。

 

何かまとまってないけど

これ以上書くと楽しみがなくなりそうなので

やめておきます、←なんだそれ

あとは買ってください(笑)

 

いやーでも690円出す価値あるよこれ。

大くんが辛かった1年9ヶ月のこととか

赤裸々に綴ってある。

産みの苦しみ、なんてものは

曲を作る人にしかわからないだろうし

私達リスナー、あるいはお客さんには

わかるわけはないんだけど

でも、そうやって苦しんだ末に

こんなに良いアルバムが出来たんだ、

テレンは間違いなく成長してるんだなって

ものすごく思う記事だった。

 

テレンはもっともっと大きくなる

大きいところが似合う。

でも、箱のライブも毎回素敵。

『日常こそファンタジー。』

そう、大くんも言っていて

わたしにはまだそれがピンとこないけど

そう思える日も来るんかなと思ってます。

 

辛いことあっても

この人たちが諦めない限り、

ついていこうと決めました。